本日のデイトレ

昨日のドル/円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に大きな動きはなく115円ちょうどを挟んでもみ合い

 本日のFOMCは、声明で米経済の基調的な強さを再確認した上で0.25%の利上げに踏み切る可能性が高い

もっとも、利上げ自体はほぼ100%織り込み済みであり、声明やイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見内容が、急激にタカ派化するとは考えにくい

FOMCは、トランプ政策を見越した足元のドル高や長期金利の上昇を加速させる材料にはなりにくいと見るのが自然であり、むしろドル/円の調整を促すきっかけとなってもおかしくない

 ただ、FOMCが緩やかな利上げ継続の姿勢を示す公算が大きい以上、来年発足するトランプ政権への期待感と相まってドル高基調そのものが崩れる公算は小さいかもしれないです

つまりはどっちに動いても不思議ではないですけど

私の願望として円高に振れてほしいです!(笑)

ee加減に暴落してよ  (^^)v